アルコール依存症とは | アルコール依存症の苦悩

アルコール依存症というのは、名称のままアルコールに依存してしまう状態ですが、薬物依存症の一種に数えられます。 何かしているときでもいつもお酒のことばかり考えてしまい、お酒がないと心身共に不安定になってしまうのです。 症状が重くなると禁断症状が起こり、何としてもお酒を手に入れようと暴力に訴える人も出てきます。 アルコール依存症の面倒なところはアルコールを摂っても症状がおさまらないという点です。 飲み始めるとコントロールができなくなりますから酔いつぶれるまで飲むのをやめず、周りの人に迷惑を掛けてしまいます。 本人は酔いから醒めると自責の念に駆られ、これが辛くて飲酒に逃げるという負のサイクルを招いてしまいます。 違う薬物と同じで、アルコール依存症も禁断症状が出て、幻覚や幻聴に苛まれている人も多数いるのだそうです。 その苦しみを回避したいので、飲酒行動をとるという始末です。 こうしたことを招いてしまうと、自分一人で立ち直るということが無理になります。 アルコール依存症の面倒なところは、当事者は依存症にかかっているという感覚がないことです。 お酒を摂取したいから飲酒をしていると自分では考えているので、依存症を招いていると受け入れられないのです。 当事者が依存症になっていることに気付いていなければ、改善させることはできないでしょう。 アルコールに依存していることを本人に認めさせることが利用するためのはじめの一歩となります。 依存症が自身の身体にどんな影響を与えるのか、他の人が自分の依存症にどれほど影響を受けているのかを知っておかなければなりません。


Warning: file(http://www.mauicomplex.com/x/sys/link/518) [function.file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/artb01/public_html/ph2ography.com/index.html on line 36